東京大学教育研究交流会


東京大学

安田講堂


東京大学教育学研究科市川 伸一教授の研究室が毎年開催している
「教育研究交流会」に参加してきました。

アチーブのみなさんにはおなじみの

学習観(「意味理解」「思考過程重視」「方略活用」などの学力が上がる学習に対する考え方)や

やる気(動機づけの2要因)理論をまとめてくれた先生の研究室です。

研究会は今回で8回目。

主なテーマは
学習者のつまずきに配慮した学習指導
   ─心理学的理論から指導案の提案まで─」。

小学校の高学年くらいから単純な反復による習熟だけでなく
意味理解や思考過程を重視した方略を取り入れていくことが
真の学力を身につけていくために必要になります。

また、「発達段階」や「学習内容の増加」に応じて学習方法も変化していきます。
そこで、今回の交流会では「認知心理学」の立場から
理解を伴った学習の促し方について学んできました。

東京大学

交流会の様子


午前の部では
子どもがつまづきやすい学習課題の説明と
それをクリアしていくための授業をつくるために必要な
困難度査定についてのレクチャーがなされました。

午後の部では
午前の部を総論を踏まえて、三面騒議法というワークショップの方法で
教科別に分かれて指導案を議論し
よりよい指導案を練り上げていくための協議を行いました。

夕方の部では
市川研究室の研究者の皆さんに
最新の研究動向のポスター発表を披露していただきました。
今年は家庭学習の促進に関する基礎的研究や
効果が注目されている探究学習の認知心理学的考察など
昨年度からさらに一歩進んだ研究に触れることができました。

東京大学

八面六臂の活躍で切り盛りされている植阪友理先生と
認知心理学の大家 市川伸一先生


参加者のみなさんはどなたもとてもエネルギッシュで
会の内容も大変充実していたと感じました。

市川研究室のみなさま、どうもありがとうございました。


綾部 宏明 (あやべひろあき)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
mail-contact-free13.png