【東京大学】第1回認知カウンセリング講習会

東京大学教育学研究科市川伸一研究室が主催する

認知カウンセリング研究会

(通称CC研)に参加してきました。
例年6月に「教育研究交流会」が開催され

(過去ログテーマ「東京大学」)


たくさんの熱心な教育関係者が全国から結集します。

今年は『第9回教育研究交流会』のはずですが・・・。

今回のテーマは

■第1回認知カウンセリング講習会■

(初級者向け)

 ~自立した学習者を育てる個別学習相談の技法~



■開催日時■


2016年6月18日(土)10:00~17:15

■開催場所■


文京区教育センター 南棟3階ふれあい学級フロア


そうなのです。
今回は会場が「東京大学本郷キャンパス」ではありません。
実は、東大教育学部棟は耐震工事のため
大人数を収容できる会場がありません。
そのため,近所の公共施設を活用して
形を少し変えて開催されたというわけです。

これまでの交流会は
認知心理学に基づいた教授学習の考え方や方法を
研究者と教育実践者が交流しながら学んできました。

しかし今回は

「若い教育者を育てる」

という目的も加わり
個別指導の極意ともいえる認知カウンセリングに焦点を当てて

『第1回の講習会』

という形になったのです。

市川先生や植阪先生の温かいご配慮により
私たちは「スタッフ」という役目で
特別にお招きいただいたのですが

もしかすると「若い」というキーワードに
引っかかってしまったのかもしれません・・・。

その証拠に会場はいつもと違って(?)
いっきに若返っています。




文京区教育センター 南棟3階ふれあい学級フロア
若者たちで満たされている超満員の講習会場
(話をしているのが植阪先生/右にいらっしゃるのが市川先生)




■プログラム■


10:00~10:10 開会挨拶
10:10~12:00 診断の視点と技法の習得を目指したワークショップ
12:00~13:00 休憩
13:00~15:15 ロールプレイによる実践力向上
15:15~15:30 休憩
15:30~17:15 事例検討会
17:15~18:15 茶話会(希望者)

スタッフにしていただいたおかげで
事例検討会ではすべてのセッションをのぞくことができ

(数学:植阪先生・社会:末次さん・国語:犬塚先生)


とても勉強になりました。

勝手がいつもと異なり大変だったと思いますが
市川研のみなさま,本当にお疲れ様でした。




東京
上野の山から見下ろした初夏の不忍池



帰りに上野に足をのばしたところ
不忍池の水面が蓮で埋め尽くされていました。
花が咲くのが楽しみですね。

東京出張のレポートでした。

(あやべ ひろあき)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
mail-contact-free13.png